LEOMIA BLOG
未分類

古代メキシコ マヤ、アステカ、テオティワカン 展へ行ってきました

東京国立博物館の特別展示『古代メキシコ』へ行ってきました!

メキシコには35の世界遺産があり、高い人気を誇るのが古代都市の遺跡群だそうです。前15世紀から後16世紀のスペインに侵攻されるまでの三千年以上にわたり多様な環境に適応しながら、独自の文明が花開きました。展示の中心は、メキシコ中央高原で繁栄したテオティワカン、マヤ、アステカでした。

テオティワカンの壮大な壁画や、神聖な祭壇、マヤの複雑な暦と象形文字、奇跡の初来日「赤の女王」、アステカの象徴的な石彫!古代メキシコ人の神々への敬意と、人々の生と死、自然と天体への思いを表現していることを感じられました。

また、この展示では、現地で発掘された考古学的な遺物も多数展示していました。当時の生活や宗教、戦争、政治の様子も知ることができました。

「神々は犠牲を払い、人間に雨や穀物をもたらしてくれる。」

「生きている人間が神に捧げられるものは何か。」

『古代メキシコ』では、古代の思想と表現の形を見ることができました。

↑これ可愛かったやつ♡